ヘッダーテキストがここに入ります。ヘッダーテキストがここに入ります。

長野県佐久市 株式会社新興製作所

>
>
会社沿革

会社沿革

 

 

昭和24年10月(1949年) 起業(前身)長野県南佐久郡臼田町に南佐久金属工業協同組合として発足し、自動車ブッシングの機械加工を始める。
昭和28年06月(1953年) 新興ブッシング製作所(略称SBS)(東京都港区芝公園に営業所を開設)を創業。資本金900千円。
昭和40年11月(1965年) 新興ブッシング製作所を改組改名し、株式会社新興製作所を設立資本金8,000千円。
昭和41年08月(1966年) 第一次設備計画(鋳造・工作工場の新設・移転・操業)完了。
昭和42年12月(1967年) 第二次設備計画(合理化)完了。資本金15,000千円。
昭和43年04月(1968年) 「付加価値労使協同目標」設定の労使協定が成立し実施される。
昭和43年08月(1968年) 第三次設備計画(合理化)完了。資本金18,000千円。
 昭和45年10月(1970年) 第四次設備計画(省力化)完了。資本金30,000千円。
 昭和55年12月(1971年) 組立工場・研修室完成。
昭和60年06月(1985年) 第二機械工場の完成。

平成元年06月

(1989年)

メタル・ライニング工場・管理棟の完成。
平成03年12月(1991年) 第一期鋳造自動化完了(新・鋳造工場合理化5ヶ年計画)
平成12年02月(2000年)  ISO9002認証取得。
平成13年07月(2001年)  資本金40,000千円。
平成17年01月(2005年)  創業50周年(2003年)記念式典実施。
平成25年06月(2013年)  創業60周年経過。